インフルエンザワクチン接種について

インフルエンザワクチン接種は10月2日より始めます。

「厚生労働省新型コロナウィルス感染症対策本部」から、
インフルエンザワクチンについて「日本感染症学会の提言」をできるだけ順守するよう、通達がありました。

それによりますと、
医療関係者、65歳以上の高齢者、ハイリスク群(妊娠など)、小児(特に生後6ヶ月から小学2年生まで)
に強く接種を推奨しています。

接種時期ですが、原則として65歳以上を10月2日から、
それ以外の上記の接種を推奨する方々に対しては、10月26日からの接種をお願いしています。

もちろん、一般の方の接種も小院では行っていますので、11月初旬をめどにお越しください(あくまでも原則としてですが)。
接種される場合、特に予約は必要ありませんが、なるべく滞在時間が短く、しかも他の患者との接触が少なくなるように、
できるだけ平日は夕方5時まで、土曜日は午後からの受診をお願いします。
それでも混雑して、待ち時間などが長くなる場合は、車や隔離室でお待ちくださるようお願いいたします。

料金は、1回接種が3,000円です。
12歳未満の乳幼児・小児は2回接種により抗体ができやすいという文献があり、2回接種(3,000円x2)をすすめています。


2020-09-29

PAGE TOP